1. HOME
  2. 商品一覧
  3. USED

USED

LUMIERE VIVE (ルミエールヴィーブ)では Yohji Yamamoto・ Y's 古着を80〜90年台のヴィンテージアイテムから最新コレクションまで厳選しセレクトしております。 全品クリーニング、簡易メンテナンス済みとし良いコンディションでのご紹介に力を入れています。

Yohji Yamamoto:ヨウジヤマモト 81年に発表したパリコレクションで当時タブーとされていた“黒”を前面に押し出したショウを発表し、“黒の衝撃”と称され一大旋風を巻き起こす。賛否両論の評価を受けつつも、時代に流されないその反骨精神はモード業界に革命をもたらす。

Y's:ワイズ 1972年から山本耀司が手掛けた最初のブランドであり、服作りへの思想と哲学を表現している。 原点は男性の服を女性が着るというコンセプトのもと、 時代に流されることのない価値観を持つ、自立した働く女性たちに向けて機能的かつ品位のある日常着という独自のカテゴリーを提案。

Y's for men:ワイズフォーメン 1970年代後半から『コム デ ギャルソン』の川久保 玲と共に服の既成概念を廃した独特の表現手法で世界のデザイナーに多大な影響を与えた『ワイズ』のメンズライン。もともとはY'sを着ている女性の隣にいる男性が似合う服というコンセプト。 1977年に東京コレクションデビュー後、パリに渡り数々のコレクションにて新たな世界観を世界中に発信し賛美を浴びた。しかし、2010年春夏シーズンよりコレクションを休止し、ブランド自体を『ヨウジヤマモト・オム(YOHJI YAMAMOTO HOMME)』に集約している。

COMME des GARCONS:コムデギャルソン デザイナーの川久保玲(Rei Kawakubo)は1942年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。旭化成に入社し、繊維宣伝部でスタイリストを経験。その後フリーランスの活動を経て「コム デ ギャルソン」の婦人服の製造と販売をスタート。1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、レディースウェアの製造販売を開始。ブランド名の由来はフランス語で「少年のように」。

JUNYA WATANABE:ジュンヤ ワタナベ デザイナーの渡辺淳弥(Junya Watanabe)は1961年、福島県に生まれる。84年、文化服装学院デザイン科を卒業し、コム デ ギャルソンに入社。1987年、トリコ・コム デ ギャルソンのデザイナーに就任。初めてのソロコレクションは1992年、「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」のチーフデザイナーに就任し、東京コレクションにデビューしたとき。その1年後の1093年に、パリ・プレタポルテコレクションにデビュー。デザインの特徴としてはツイードやデニム、チェック柄などを多く使用する。